酸蝕歯について

  • Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 根管治療
    • ホワイトニング
    • 歯周病治療
    • 小児歯科・矯正
    • 予防歯科
    • インプラント
  • 選ばれる理由
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 院内案内
  • アクセス

酸蝕歯について

こんにちは!みこデンタルクリニックです。

最近急に寒くなってきましたね。皆さまお身体にはお気を付けくださいね。

今日は酸蝕歯についてお話させて頂きます。

酸蝕(さんしょく)とは、虫歯とは異なり、細菌ではなく酸によって歯が溶けてしまうことをいいます。

体内からの酸による酸蝕の原因として、胃酸が主な原因として挙げられます。例えば胃食道逆流症、摂食障害などで胃酸が逆流しお口の中へ到達することによって酸蝕を引き起こします。

体外からの酸による酸蝕は、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系果物やお酢などの酸性の食べ物、炭酸飲料、フルーツジュース、ワインなどの摂取が習慣的に多い方によくみられます。

また、摂取の仕方にも大きな問題があり、例えば炭酸飲料をお口の中全体に行き渡らせたあと少量ずつ飲み込んだり、レモンなどの柑橘系果物を長時間ゆっくりと食べたりすると酸蝕の大きな原因となってしまいます。

皆さまは今お話した内容にお心当たりはありませんか?

原因によっても対応方法は変わります。もし、気になる方がいらっしゃいましたらお気軽にお話してくださいね。

 

  • 24時間Web予約
  • TOPに戻る