顎顔面矯正(がくがんめんきょうせい)について

  • Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 根管治療
    • ホワイトニング
    • 歯周病治療
    • 小児歯科・矯正
    • 予防歯科
    • インプラント
  • 選ばれる理由
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 院内案内
  • アクセス

顎顔面矯正(がくがんめんきょうせい)について

こんにちは、みこデンタルクリニックです!

今日は、先日参加させて頂いた勉強会での内容の一つ、顎顔面矯正についてお話させて頂きます。

 

顎顔面矯正とは、急速拡大装置(きゅうそくかくだいそうち)という装置を使い、歯だけではなく、顎(あご)全体を理想的な形に矯正します。

顎の骨を広げることで、永久歯は正しい位置に生え、自然と綺麗な歯並びになります。特に永久歯への生え換わりの時期にあるお子様には顎顔面矯正は非常に効果的な治療法で、歯を抜かずに並べることができます

また、顎顔面矯正は歯並びだけではなく、噛み合わせも考えた治療法で、上下の顎の位置関係を正常に戻します。

成人してから矯正となると、顎の成長はほぼ終わっているため、抜歯をしたり、あるいは外科手術が必要な場合もありますが、成長期に矯正をすることでそういったリスクを最小限に抑えることができます。

 

顎顔面矯正のメリットとして、

・鼻腔の通気が良くなる

・いびきの改善

・姿勢の改善

・舌癖の改善

・矯正後の後戻りが少ない

などが挙げられます。

また、デメリットとしては

・鼻腔の通気が良くなるため矯正中に鼻水、鼻血がでることがある

・矯正中に装置を付けることでの顔貌の変化

(装置を外すとまた戻っていきます)

などがあります。

 

症例によっても装置を付ける時期はかわりますので、5~6歳から始めたほうが良いお子様や、6~7歳から始めるお子様もいらっしゃいます。

ただ、上顎の成長は7歳で95%終わるといわれているので、もし悩んでいる方がいらっしゃいましたら早めに、お気軽にご相談ください。

  • 24時間Web予約
  • TOPに戻る