知覚過敏とシュミテクトについて

  • Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 根管治療
    • ホワイトニング
    • 歯周病治療
    • 小児歯科・矯正
    • 予防歯科
    • インプラント
  • 選ばれる理由
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 院内案内
  • アクセス

知覚過敏とシュミテクトについて

こんにちは!みこデンタルクリニックです。

最近、知覚過敏でお困りの患者様が多いように感じます。

皆様は普段冷たい物を口に含んだ時や、歯磨きのときなどに歯がしみることはありませんか??

原因が虫歯のときもありますが、もしかしたら知覚過敏になっているかも知れません。

では、なぜ歯がしみてしまうのでしょうか?

イラストにもありますが、歯は一番外側がエナメル質に覆われています。しかし、過度の歯ブラシの力圧、歯を支える骨が溶けてしまう歯周病、歯ぎしり・食いしばりなどの刺激によって歯茎が段々と下がってしまうと象牙質が露出してきてしまいます。

象牙質には象牙細管という細い管がいくつもとおっていて、それを通じて歯髄神経を刺激してしまうのです。

その結果、歯がしみてきて知覚過敏になってしまいます。

 

では、知覚過敏になったらどうしたらよいのでしょうか?

症状がひどかったり、刺激で深く削れてしまっている場合などは治療をする場合もありますが、様子をみれそうな場合はシュミテクトの歯磨剤の使用をおすすめします。

シュミテクトには硝酸カリウムという成分がはいっており、カリウムイオンの作用で歯髄神経のまわりにイオンバリアを形成し、しみるのを防いでくれます。

毎日使用することで効果が高まりますので継続して歯に塗り込むように使用してください。

また、分からないことがあればスタッフにお気軽にお尋ねくださいね!(^^)!

  • 24時間Web予約
  • TOPに戻る