根面被覆(こんめんひふく)とは①~歯肉退縮はなぜおこる??~

  • Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 根管治療
    • ホワイトニング
    • 歯周病治療
    • 小児歯科・矯正
    • 予防歯科
    • インプラント
  • 選ばれる理由
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 院内案内
  • アクセス

根面被覆(こんめんひふく)とは①~歯肉退縮はなぜおこる??~

こんにちは、みこデンタルクリニックです。

もう11月も後半ですね。街もクリスマスのイルミネーションで凄く華やかになってきましたね。

さて、今日は根面被覆(こんめんひふく)についてお話させて頂きます。

 

根面被覆とは??

根面被覆は、さまざまな原因によって起こった歯肉退縮(歯茎が下がること)を、外科的に被覆、つまり覆うことを言い、手術は様々な方法があります。

では、そもそも歯肉退縮は、なぜ起きてしまうのでしょうか?

歯肉退縮を起こしやすい要因としては、

・歯を支えている骨が、最初から穴があいていたり(開窓)、裂開しており歯の根っこ(歯根)が露出しやすくなる

・歯肉が薄いと、歯周病や歯の周りの組織に加わる刺激に対して歯肉退縮しやすい

・歯並びの関係で、唇側の歯を支えている骨(歯槽骨)が薄いと歯肉退縮しやすい

などが挙げられます。

 

さらに、歯肉退縮を促進させる要因として、

・不適切なブラッシングを続けた場合(力を入れすぎたり、擦りすぎている)

・矯正治療により、元々骨が薄い、特に前歯の部分に矯正力をかけると、骨が減少しやすく、歯肉退縮が起こりやすいこと

などがあります。

 

では、もし歯肉が下がってしまったら、どうしたらよいのでしょうか??

次回は外科的な治療、根面被覆についてお話させて頂きます。

  • 24時間Web予約
  • TOPに戻る