歯周病と全身の病気

  • Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 根管治療
    • ホワイトニング
    • 歯周病治療
    • 小児歯科・矯正
    • 予防歯科
    • インプラント
  • 選ばれる理由
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • 院内案内
  • アクセス

歯周病と全身の病気

歯周病は歯を失う原因の第1位ですが、

歯周病の怖さは歯を失うリスクが高いだけだはありません。

 

歯周病と全身の病気の関わりについて

 

●糖尿病

歯周病になると分泌される炎症物質がインスリンの働きを妨げ血糖値が上がるといわれています。

高血糖による血管のダメージで歯周病が悪化する悪循環も。

 

●肥満

歯周病菌の毒素で肥満が進行するといわれています。

脂肪の増加で分泌されるアディポサイトカインが歯周病を悪化させる悪循環も。

 

●早産・低体重児出産

妊娠中はホルモン変化などにより、歯周病になりやすくなります。

歯周病の炎症物質により早産・低体重児出産につながることも。

 

●認知症

歯周病による動脈硬化は、脳血管性認知症の原因となりえるとされます。

また、歯周病とアルツハイマー型認知症の関連も米国の研究で示唆されています。

 

●心疾患

歯周病による動脈硬化が心臓の血管を詰まらせ狭心症や

心筋梗塞につながるとの報告が多く認められています。

また心筋の内膜に歯周病菌が付着し炎症を起こします。

 

●誤嚥性肺炎

歯周病菌の含まれた唾液が気道に入ることで誤嚥性肺炎のリスク高まります。

飲み込む力が低下した高齢者に起きやすく、

日本人の死因では第3位を占めます。

 

●リウマチ

手足の関節腫れて痛みやこわばりがが生じる関節リウマチは、

歯周病と同様に炎症性サイトカインとの関係性が示唆されており、

歯周病を治療するとリウマチの症状が軽くなることもあります。

 

 

歯を大切にしないことで、生活習慣のリスクも。

噛むこと、ケアすることは健康にとってとても大事なのです♪

  • 24時間Web予約
  • TOPに戻る